私のクローゼットで長く残っているのは“好き”のこだわりが入った服でした。それは、ベーシックでどんな日にも馴染んでくれて“私らしさ”を楽しめるもの。そんなふうに長く着たいと思える服をoblektとのコラボで作りました。愛着を持って長く着ることが、サスティナブルに繋がるのもいいですよね。
今回ご紹介するのは、ユニセックスな「ボタンダウンシャツ」。きれいめからカジュアルまで、あらゆるシーンで映える万能な一枚です。

年齢を重ねるにつれ、着る楽しさを実感しているのが「ボタンダウンシャツ」です。男女で共有できるようなユニセックスなシャツは、少しアレンジを入れることで、女性らしさや個性を際立たせることができます。前ボタンを開けて襟を抜いて着崩したり、袖をまくり上げて手首のアクセサリーをのぞかせたり。着る人のイメージでそれぞれ楽しんでもらえたら、という思いで作りました。体が泳ぐようなシルエットだからこそ、顔周りがすっきり見える衿立ちの良さや、クリーンさを保つ生地のハリ感など、だらしなく見えないような作りに仕上げているのもこだわりです。カラーはコーディネイトしやすい、ホワイト、サックス、ブルーの3色を展開。

※素材にはリサイクルポリエステルを使用しています。

「セットアップの中にシャツをレイヤーして、ジェンダーレスな着こなしに。ボタンはひとつ開け、裾はアウトで、ラフに着崩しても品の良さを保てる作りにしました」
※ホワイト、サックス、ブルーの3色展開です。
「ホワイトのシャツは、カジュアルなオーバーオールをクリーンに魅せてくれます。前ボタンはきちんと上まで閉め、手首はのぞかせて、すっきりとまとめるのが好みです」
「爽やかなサックスカラーのシャツは、ネイビーパンツ合わせで、よりノーブルな表情に。ボタンを開けて鎖骨や手首をのぞかせ、女性らしさを演出します。きちんとしたい日のコーディネイト」
※ホワイト、サックス、ブルーの3色展開です。
※別売りのノーカラージャケットとセットアップで着られます。
「3色の中で一番メンズライク。こなれた雰囲気の深いブルーは、デニムスカートと繋げてワントーンでまとめるのが気分。シャツだけど、気負わずラフにまとえるカジュアルさが魅力です」
※ホワイト、サックス、ブルーの3色展開です。
「甘さ控えめで大人っぽく履ける、デニム地のティーアードスカートも作りました! 歩くたびに揺れるフレアラインも自慢ですが、ボタンホールには赤いステッチが入っていたりと、細かいところにもこだわりました」
「今やもうマスクは日常の一部になりました。私自身、マスクで肌荒れしたこともあるので、肌あたりがよく心地のいい素材を使っていること、顔が美しく見えるデザインであることが大切です。そこで作ったのが、このオーガニックコットンのマスクでした。アクセントになっている紐は耳の下の方で垂らすのがおすすめです。また、内側の生地はリップの跡が目立たないような色にしています」
※抗菌、抗ウィルス性を持つオーガニックコットン、肌が当たる裏側には光触媒型抗ウィルスポリエステルを使って、息苦しさ、呼吸のしづらさを軽減し、抗ウィルス性も持ち合わせています。
※リボン先が切りっぱなし製品の為ほつれやすくなっております。先を結んで使用していただくとほつれにくくなります。
※お洗濯の際はデリケートな商品ですので手洗いをおすすめします。

高山 都(たかやま みやこ) 1982年生まれ。大阪府出身。ライフスタイルモデル、ドラマや舞台の出演ラジオ番組のパーソナリティなど幅広く活動。趣味は料理とランニングと器集め。自身のインスタグラムでは「#みやれゴハン」として日々のごはんを投稿している。美味しいものと音楽、お酒とランニングをこよなく愛す。

高山 都さんの新刊『高山 都の美食姿』3・4が、昨年11月27日(金)に同時に発売されました!

vol.3の「姿」本は高山さんの私服コーディネートなどがたくさん見れ、vol.4「食」本はオリジナルレシピが紹介されています。チェックしてくださいね!

※クレジットの記載がない商品は全て本人私物です。

Model & Styling_Miyako Takayama
Photographs_Martineye
Hair & Make-up_Chika Suzuki(A.K.A management)
Writing_Mio Nemoto
Direction_Yuki Yamamoto