辻元舞
辻元舞
モデルとして、女性として、ママとして、最近では絵の才能にも注目が集まり、ますます活動の幅を広げている辻元舞さん。昨年に引き続き、この秋もoblektとのコラボレーションが実現しました。今回は辻元さんが着たい6アイテムが完成。「全部自信作でどれも着たい!」と舞さんも太鼓判のコラボレーションアイテムの全貌を紹介します!
辻元舞01
copy_top

トレンチコート、トートバッグ、パーカー、デニムの裏地に使われているチェックとストライプ柄は、なんと舞さんの描き下ろしデザイン!oblektのためだけにデザインされたものです。

「シンプルだけどアクセントになるストライプ柄と、ストライプ柄をたてと横に配置して作ったチェック柄の2つをデザインさせて頂きました。柄をデザインするのは初めてなので思い入れたっぷりです!同じストライプから作られているので、両方持った時にも程良いリンク感が出るところも気に入っています。」

4
5
8
1
エコペットというペットボトルを再利用したサスティナブルな再生素材を使用。袖の裏地や、後ろの切り返しには 舞さんが描いたチェック柄をプリントし、程よいアクセントに。ダブルボタンと、ラクに着られてサマになるビッグシルエットがこだわりです。
1
かっちりではなく、ラフに羽織ってサマになるトレンチコートが欲しくて作りました。前をとじて着ると、マントっぽいAラインのシルエットであけて着るのとは違った表情に。ケープのような大きめのヨークとチェック柄がちらり見える後ろ姿も気に入っています。
9
リサイクルポリエステルを使用したオーバーシャツ。同じ素材のスカートとセットアップでの着用も可能です。オーバーシルエットでデザインされているので1枚で様々な着こなしができるのも魅力。ボトムスにINはもちろん、前ボタンを閉じてアウトで着たらボックスシルエットが美しく1枚でサマになるスタイルに。前ボタンを開けて羽織りとしてもと万能です。シワになりにくく、自宅洗い可能で、乾くのも早い素材を使用しています。
実はわが家アイロンがないんです(笑)。クリーニング店に出さないといけない服は着る頻度が少なくなってしまうので、自宅で水洗いできてノンアイロンで着られるシャツができて大満足。とろみ感があってカジュアルだけじゃない、女っぽさも演出できるところも気に入っています。
シャツと同素材のリサイクルポリエステルを使用したスカート。シワにならない素材感にも拘っています。腰まわりはすっきりと、裾に向かって広がるマーメイドラインが女性っぽさと足さばきの良さを両立。歩くたびに揺れて、日常でもドラマチックが実現します。
プリーツスカートが好きなのですが洗えないことが多いので、プリーツスカートのように”主役級に映えて洗えるスカート”を目指しました。男の子が二人いるので、つい動きやすいパンツスタイルになりがちですが、これは裾に向かって広がるマーメイドラインなので、女っぽいデザインながら動きやすく足さばきが良いので子供たちと一緒の日も着られそうです。
9
ドロップショルダーでゆったりと着られるパーカー。フードの立ち上がりにもこだわり、厚みのある素材を選んでいますが、着ると柔らかいのも特徴です。超撥水加工がされているので、汚れにも強いアイテムです。80回の洗濯にも耐えられる超撥水加工になっています。フードには舞さんデザインのストライプ柄テープが入っていてアクセントに。
白パーカーが大好きなのですが、どうしても汚れが気になってしまう。これは超撥水加工がされていて汚れにも強いので、砂遊びした手で「ママ抱っこ!」と言われても笑顔でこたえられそう!後ろを長くして腰周りが隠れる丈感にもこだわりました。
1970年代のヴィンテージデニムの加工感を忠実に再現した、オーガニックコットンのデニム。柔らかく履き心地抜群です。 内側にはウエストを調整できる紐があり、サイズ調整可能。 ポケットの裏地には舞さんの描いたストライプ柄をプリントしています。デニムの染め方は水の使用料を少なくし、植物染めの技術を使っていて、環境にも配慮しています。
レギンスデニムのようなものではなく、見た目もカッコよく納得がいって、履き心地の良い物を追求しました。家でくつろぐ時にはきたいくらいやわらかいんです。かたいデニムを敬遠している人にはぜひ試してみて欲しい!ウエストが大きいことが多く、子供服にあるような調節ができないかなと思い、紐で調節できる仕様にして頂きました。

前回のコラボでも即完売だった、トートバッグがバージョンアップして登場。

今回も肩にかけられて、置いて自立するこだわりはそのままに、中身の整理に便利な巾着付きになりました。舞さんデザインのストライプ柄のトートには無地の巾着が、無地のトートにはストライプ柄の巾着がセットになっています。

着替えやオムツ、自分のものと大量の荷物が全部入るママバッグ。マチはたっぷりですが、トップはマグネットでとめられるのもこだわりです。巾着はオムツを入れるのにもちょうどいいサイズ感にしてみました。
辻元舞プロフィール
辻元舞写真
辻元 舞

つじもと・まい/1987年生まれ、京都府出身。ビューティ誌からファッション、最近は絵の才能にも注目が集まり、テレビや雑誌など多方面で活躍中の人気モデル。プライベートでは二人の男の子ママ。インスタはビューティやオシャレ情報が満載の @mai_tsujimoto と、「ママあるある」が満載の育児絵日記 @mai_enikki